トレーニングについて

【トレーニング目標論】

構造スケジュールを作成し、次は到着点となるトレーニング目標を設定しています。

①実現の可能性(可能性は無限大)

②時間資源

③個別性と専門性(カラダが目的ゾーンで行える状態であるか、怪我などの不調を考慮しなくてはならないかなどを考えております)

④目標と課題をフェーズごとに設定し、モチベーション維持から成功へ導く

【トレーニングの手段論、方法論】

トレーニングの目標を設定し各課題を明確化できたら、手段と方法を考えていきます。

ランニング特性や負荷特性、トレーニングメニューの組み合わせや導入手段について十分把握して組み立てていきます。

【トレーニングアセスメント論 】

トレーニングメニューを適切に循環させるために、フェーズでの進行状況を評価診断していきます。